人生100年時代の働き方セミナー レポート#1

NEWS

2019年10月27日(日)13:30-15:30 @azito

大分県民間創業支援機関連携体主催「人生100年時代の働き方セミナー〜50歳から始める小商い〜」の第1回講演が開催されました。

講演者には大分のお土産でお馴染みの「ざびえる」を製造販売する株式会社ざびえる本舗 代表取締役 太田清利氏をお招きし、銘菓「ざびえる」復活の歩みについて講演頂きました。

一度倒産した会社を、営業一本でやってきた太田さんが太田社長になるまでの歩みと

実際経営する立場になってから改めて気づいた「起業(経営)において大切なこと」を熱く語っていただきました。

参加者は43名。

起業を志す方、これからの働き方について不安感をお持ちの方など、20代から70代までの様々な方々が参加。

講演後は質問が飛び交うなど、参加者の意欲が高まった1日となりました。

 

太田社長にお話頂いた「起業(経営)において大切なこと」をご紹介します。

起業において大事なこと


①起業(企業)の目的・意義を明確にする。

なぜこの会社を作るのかを明確にすることが大事

・家族を養う為。
・周囲のざびえる復活への「思い」を叶えたい気持ち。
・「天命」。

②目標を立てる

目的を達成させる為の目標設定(数値化)が大事

立てた目標は全社員に共有することが大事。

③強い思い・意思「燃える闘魂」が必要

強い思いをもって頑張れば必ず報われる。

④売値を決める

 

これまでの自分中心の働き方から、社員・会社を守り抜くことが使命となった。

起業した瞬間から第二の人生がスタートしたと語る太田社長はとても輝いて見えました。

 

最後に、スペシャルゲストとしてドラッグストアノザキの創業者、野崎氏にも少しだけお話をしていただきました。

教職員として人生を送っていた野崎氏は54歳の時に、ドラッグストアノザキを創業。

起業をしたい気持ちがあるならしたらいい。

最初は失敗する可能性が高いが、少額からスタートすればそれもまた勉強賃。

ビジネスは自分の暮らしが楽になるように、楽しく続けて欲しいとおっしゃってました。

 

今回の会場「コワーキングスペースazito」とは


最後に、今回会場としてご利用頂いたコワーキングスペースazitoとは

世界を驚かすクリエイターや起業家の隠れ家”

をコンセプトにコワーキングスペース・シェアオフィスとして様々なプランをご用意しています。

azitoのイベントプラン詳細はこちらをチェック★

azitoへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

ブログ一覧へ